カードローン即日融資が可能な消費者金融について

消費者金融がまだサラ金と言われていた時代には、キャッシングというネーミングが一般的だったカードローンの本家本元は、消費者金融であることは周知の通りです。また、当時のキャッシングは即日融資が大前提でした。つまり、お金が足りなくなったらすぐに消費者金融へ飛び込めば何とかなったという時代でした。その後、サラ金の多重債務者が続出し、社会問題となったことを受けて貸金業法が改正されました。現在は、大手銀行との業務提携を行った消費者金融がカードローンの即日融資を行っていますが、銀行のカード論などとは異なり、消費者金融の即日融資は、分単位でその速さを競っているのが現状です。ここでは、人気ランキングの上位に挙げられている大手消費者金融の比較をしてみます。先ず、実質金利と呼ばれている利息面を比べてみると各社にあまり大きな違いは見ら
れません。一般的に金利は最低値と最高値が表示されますが、カードローンの利用に際しては、その多くが上限金利の年利18%の適用を受けています。僅かに、プロミスの上限金利が他社より0.2%下回っている程度です。また、利用限度額については各社とも1万円から500万円となっていて比較材料にはなっていません。申し込みから融資実行までの時間については、アコム、プロミスなどが最短30分というスピードをアピールしているのに対し、モビットは10秒間で終わる事前審査を売りにしています。結論的には銀行系と呼ばれる消費者金融の格差はほとんどないということになります。カードローン利用については自分にとって使いやすいお店を利用することをお奨めします。