労働保険の存在について

労働保険という言葉について聞いたことがあるでしょうしょうか?ご存じの方もいると思いますが、改めて言うと雇用保険と労災(炉労働者災害補償保険)を合わせて労働保険と呼んでいます。労災は保険料を払うのも事業主(会社)ですし普段あまり意識することは少ないかもしれません。しかし、ケガや病気になった時には働く人にとっては大きく影響します。ここで消費者金融にかかわる項目に労働保険について記載することには、それなりの意味があります。それは、仕事中や通勤中のアクシデントによってケガをしたり病気をすることによって、場合によっては回復後に職を失うこともあり得るからです。セーフティネットの存在はあるものの、失業は貧困へのきっかけとなる大きな要因です。身体のケガで比較的軽いものについては、治療が終わって復職することも場合によっては比較的容易にできるかもしれません。しかし、重度のケガや心の病であった場合には、復職したとしても復職前と同じ仕事内容で同じ勤務条件で働ける場合のほうが少ないものです。いずれにせよ、それまでと比べて大きく生活水準を下げざるを得なくなった原因が仕事にかかわるものであれば、救済される手段は思うよりも用意されているものです。ただ、細かい部分については専門家でないかぎりあまり知らない人が多いでしょう。また、その内容も社会情勢の変化に合わせて毎年のように改正されますので、必要になったときに、専門窓口に聞くことが一番です。たとえば、昨今の精神上の疾患(うつ病など)が増えることによって、仕事上のストレスからうつ病を発症したなどのケースも、労災認定で認められることも多くなってきました。また労働者への福祉事業として、労災認定された労働者の家族(たとえばご主人が労災で、その奥様や子供など)への資金の貸付などの事業も行っていますので、まずは消費者金融から安易に借り入れを行うまえに、労働保険も意外に助けてくれるということを念頭においてよくよく考えてみることが、後々によい結果をうむかもしれません。

主婦が夫にばれずにキャッシングを行う方法

専業主婦が夫にばれないように消費者金融機関を利用してキャッシングを行うことはほぼ不可能です。
専業主婦には収入がないとみなされますので、例外的に夫の収入をもとに消費者金融機関からお金を借りるための審査を行うことになるからです。
当然、審査の過程で夫に連絡がいくことになりますので、キャッシングを行おうとしていることは夫に露呈してしまいます。
このため、主婦がばれないようにキャッシングを行おうとした場合は、パートなどの安定した収入を得る、つまり専業主婦から脱却する必要が出てくるのです。
しかし、パートを始めたからといって、すぐにキャッシングを行えるとは限りません。
パートを始めた直後は、それらが安定した収入になるということが保証できないためです。
安定した収入であるということを担保するためには、最低でも半年間はパートを続ける必要が出てくるのです。
審査基準が比較的緩いような金融機関ですと、半年が経過しなくても借りることができるかもしれませんが、急ぎではない場合はおとなしく半年間は待つようにしましょう。
それだけでも大分キャッシングを行いやすくなるのです。
実際に融資される金額は、法律によってパート収入の三分の一以下までと規定されておりますので、可能な限り多くの金額をキャッシングしたいといった場合は、もちろん収入が多い職に就くようにしましょう。
あくまでも収入額が基準になりますので、勤務時間や掛け持ちなどは特に関係ありません。
即日融資

総量規制対象金融機関

総量規制には1990年に始まった大蔵省の行政指導で始まった金融機関への不動産向け融資への規制と混同しがちですがここでいう総量規制とは個人に向けての貸付けに金融機関向け規制です。不動産融資対象の総量規制は規制が始まって1年9ヶ月後の1991年12月に解除されていますので現在での総量規制とは個人向け融資のみが対象になっています。金融機関向け総量規制とは一部例外がありますが原則個人の貸付けの総量が年収などの三分の一を超えては成らないという制限があります。貸付けの種類に限定があり、個人向け貸付のみが総量規制の対象となります。

Read more

カードローン即日融資が可能な消費者金融について

消費者金融がまだサラ金と言われていた時代には、キャッシングというネーミングが一般的だったカードローンの本家本元は、消費者金融であることは周知の通りです。また、当時のキャッシングは即日融資が大前提でした。つまり、お金が足りなくなったらすぐに消費者金融へ飛び込めば何とかなったという時代でした。その後、サラ金の多重債務者が続出し、社会問題となったことを受けて貸金業法が改正されました。現在は、大手銀行との業務提携を行った消費者金融がカードローンの即日融資を行っていますが、銀行のカード論などとは異なり、消費者金融の即日融資は、分単位でその速さを競っているのが現状です。ここでは、人気ランキングの上位に挙げられている大手消費者金融の比較をしてみます。先ず、実質金利と呼ばれている利息面を比べてみると各社にあまり大きな違いは見ら
れません。一般的に金利は最低値と最高値が表示されますが、カードローンの利用に際しては、その多くが上限金利の年利18%の適用を受けています。僅かに、プロミスの上限金利が他社より0.2%下回っている程度です。また、利用限度額については各社とも1万円から500万円となっていて比較材料にはなっていません。申し込みから融資実行までの時間については、アコム、プロミスなどが最短30分というスピードをアピールしているのに対し、モビットは10秒間で終わる事前審査を売りにしています。結論的には銀行系と呼ばれる消費者金融の格差はほとんどないということになります。カードローン利用については自分にとって使いやすいお店を利用することをお奨めします。